Wikipediaでは『帽子』と書かれているキノピオの頭は、本当に身体の一部なの?

おっすみう太です(ΦωΦ)

2018年2月5日に任天堂は公式チャンネルにて、小泉歓晃さんが『スーパーマリオ オデッセイ』の様々な疑問に答えている動画を公開しています。

ユウガタネコでも『マリオのおへそについて』の記事を取り上げました!

 

キノピオの頭は当然『身体の一部』

動画では『マリオのおへそ』の他にも、『キノピオの頭部は普通の頭なのか、それとも帽子なのか』について質問されていて、『実は頭なんですよ…』と、普通の頭である事を明かしました。

キノコ王国の住人だからそりゃそうか

そもそもキノピオは『キノコ王国』の出身であり、『キノコ族』と呼ばれる種族です。
そりゃ身体がキノコでなければおかしいってものです。

また、敵キャラクターとして登場する『クリボー』も、元々はキノコ王国の兵士でありながらクッパ軍団に寝返った『シイタケ』である事が明かされています。

クリボー自身がキノコそのものなのですから、キノピオの身体もキノコそのものである方が自然だと考えられます。

Wikipediaには『帽子』と記述

公式で『キノピオの笠は頭』と明言されましたが、Wikipediaで『キノピオ』の項目を確認してみると

 

頭部に大きな斑点が付いた、キノコの笠のような帽子をかぶっているのが特徴的である。

 

なんと帽子と書かれています。

何をソースに帽子であると書かれているかは分かりませんが、どうやら食い違っているようです(ΦωΦ)

確かに昔のキノピオは帽子っぽい

近年のキノピオではあまり見られませんが、確かに少し前のキノピオは笠の下から髪の毛が出ている者も多く、帽子のような印象が強くありました。

例えば彼女は『ペーパーマリオRPG』の『リッチリッチエクスプレス』に登場するウェイトレスのキノピオですが、頭の笠の横からツインテールが出ています。

もしも頭の笠が身体の一部だとするなら、キノコの左右から髪の毛(のようなもの)が生えている事になるので、とんでもなく不自然になってしまいます。

キノコの笠は被り物であり、それに穴を開けて中から髪の毛を出しているようにも見えるので、帽子という捉え方になったのかもしれません。

最近はキノコである事を意識している

じゃあ近年ではどうかと言うと…、最新の『マリオカート』などにも参戦している『キノピコ』は髪型はおさげですが、おさげの部分もキノコから連なって形成されているので、これならキノコが身体の一部であっても違和感がありません。

というか女性型のキノピオは最近ではキノピコしかほとんど出てきておらず、他のキノピオは笠の色や服装によって個性が出るようにデザインされています。

なので今ではもうキノピオに髪型などは定めず、帽子に見ないようにデザインしているのかもしれません。

因みにキノピオはもともとピーチ姫の侍女と言う設定でしたので、本来はみんな女性だったそうです(ΦωΦ)

帽子に付けるシールとかウィッグ説

結局のところ、Wikipediaで『帽子』と書かれていても、公式で『頭』だと言われれば頭なハズです。

じゃあなんでこんなにキノピオによって笠の色が違うのかと言えば、何かシールのようなもので色を変えたり出来るんじゃないでしょうか?

髪の毛もウィッグ、付け毛だと思えば…まぁ…一応納得は出来ます(ΦωΦ)

人間も頭髪を染める事が出来るように、キノピオも自分で好きな色に変える手段があるのかもしれませんね。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。