『バーチャルコンソール』はクラシックミニのような物理的なリリースも視野に?

海外の情報メディア『WWG』は、任天堂の『バーチャルコンソール』についての記事を掲載しています。

元の記事はこちら

バーチャルコンソール『パッケージ化』の可能性

『バーチャルコンソール』とは、任天堂がファミコンやスーパーファミコン、ニンテンドー64などの様々なレトロゲームを配信するサービスで、Wiiの時代からサービスが開始されました。

現在発売されているNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)では未だバーチャルコンソールが配信されておらず、いつからサービスが開始されるのか多くのユーザーが興味を持っています。

先日行われた株主総会でもバーチャルコンソールに関する質問があり、それに対して任天堂は回答しています。

 

私たちはVCを活用する方法を探しています。クラシックミニもVCの1つの形態です。

我々は物理的な販売も出来ます。私たちは出来る限りそれを大きなものにしたいです。

 

※ソースが英語なので少し翻訳に違和感があります(; ・`д・´)

と、バーチャルコンソールのダウンロード販売だけでなく、クラシックミニシリーズのように物理的な、パッケージ版などの販売も検討されているようです。

海外の記事ではクラシックミニを『バーチャルコンソールの一種』と答えているのは面白いとしており、ファミコンミニが成功した事から更なる物理的なレトロゲームの販売を考えたのではないか?と推測しています。

この物理的なリリースが、ニンテンドースイッチのソフトとしてリリースされるのか、クラシックミニのようなバーチャルコンソール専用のハードになるのかも分かりません。

とは言え、もしかしたら過去にGBAで発売された『ファミコンミニシリーズ』のような、復刻タイトルのパッケージ版が発売される可能性もあるのかもしれません。

GBAのファミコンミニは1作で2,000円だったので、バーチャルコンソールって安くなったんですねぇ…(´・ω・)

パッケージ版のメリットとデメリット

ゲームをDL専用じゃなく、パッケージ版にしてリリースする事にはメリットがあります。

特に日本では未だゲームはダウンロード版よりパッケージ版の方が需要が高く、店頭に並んでいる事で手に取るユーザーが増える可能性があります。

『クラシックミニ』シリーズが大きな話題になるように、バーチャルコンソールをe-Shopで人知れず配信をするより、複数のタイトルをまとめたコレクション版をパッケージでリリースした方が話題になるかもしれません。

また、スーパーファミコンミニは21本のソフトが入っておよそ8,000円となっています。

スーパーファミコンのタイトルを1つ1つバーチャルコンソールで購入すると2倍以上の価格になるので、コレクションパックにする事でユーザーも安く購入出来るかもしれませんし、また、普段プレイしないゲームが含まれている事で、新しいジャンルやシリーズに踏み出してもらうきっかけにもなり得ます。

更に、バーチャルコンソールでは『スーパーFXチップ』が搭載されたソフトは配信が難しいという問題がありました。

しかし、スーパーファミコンミニではスーパーFXチップが搭載された『スターフォックス』や『ヨッシーアイランド』が収録されており、パッケージ版にする事で配信の難しかったタイトルもリリースできるかもしれません。

ですが、パッケージ版にする事で不便な事も生まれてきます。

パッケージ版となればもちろん物理的なものになりますので、ニンテンドースイッチのカートリッジだとすれば、遊ぶ時に手動でソフトを入れ替える必要があります。

もしバーチャルコンソール用のハードを新たに発売するとなれば、配線なども必要になりますし、新たなハードをこれ以上増やしたくないユーザーも多いかもしれません。

 

バーチャルコンソールに関しては複数のタイトルをまとめたパッケージ版、それらをバラ売りしたダウンロード版に分ける事も考えられます。

しかし、そうした場合はパッケージ版とダウンロード版の発売する時期にも気を付ける必要がありそうです。

10月に発売が決定した『スーパーファミコンミニ』ですが、もしかしたら収録タイトルに少し不満を持った人もいるかもしれません。

それはニンテンドースイッチで『ウルトラストリートファイター2』と『聖剣伝説コレクション』が発売されたにも関わらず、『ストリートファイター2』と『聖剣伝説2』が収録されていたからです。

もちろん他にも魅力的なソフトが20近く収録されているので些細な事かもしれませんが、それでもどうせなら別のタイトルにして欲しかった…、と言う意見はありそうです。

なので、ダウンロード版を配信した後にパッケージ版を発売する事になった場合、すでにダウンロードしたソフトがいくつもパッケージ版に入っていたらちょっとガッカリ…なんて事にもなりそうですね。

とは言え、この物理的なリリースはまだ検討している程度の段階ですし、あまり深読みせずに『今後もクラシックミニみたいなのが出るかもしれないよ』くらいに考えておくのが良いのかもしれません(´・ω・)

また、任天堂はすでにオンラインサービスの一環として『ニンテンドークラシックセレクション』の配信を予定しています。

『バーチャルコンソール』と言う名前ではなく、『ニンテンドークラシックセレクション』にダウンロードしたソフトを追加していく仕様になる可能性もありますし、レトロゲームが今後どのような形で配信されるのかに注目です(´・ω・)

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    久しぶりにブックマークから来てみれば活動再開してたんですね。
    これからも頑張って下さい。

    • 管理人のみう太 より:

      いやー、むしろブックマークして頂いたのに休んでてごめんなさい(´・ω・)
      またボチボチやってるので、お暇なときは見てみて下さいねー。

  2. 匿名 より:

    DL版のレトロフリークみたいなハードが出たら絶対買うわ

    • 管理人のみう太 より:

      レトロフリーク!その例え入れれば分かりやすかったかー(´・ω・)
      でもスイッチだったら持ち運べる利点もあるんですよね、何にせよレトロゲーム遊びたいなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。