『Virtuos』がニンテンドースイッチに向けてAAAタイトルを移植しているとの噂

海外のゲーム情報サイトによると、ゲーム開発スタジオ『Virtuos』はNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に向けてAAAタイトルの移植をしているとの事です。

元の記事はこちら

FFやバットマンなどのリマスターに携わる

『Virtuos』はあまり馴染みのない名前かもしれませんが、元々はUBI SOFTの上海スタジオのスタッフであり、北米・欧州にも常駐スタッフがいる国色豊かなデベロッパーです。

ゲームの開発に関しては主に過去作品の移植やリマスターを担当する事が多く、『ファイナルファンタジーXII』や『ファイナルファンタジーX / X-2 HD』、『BATMAN: RETURN TO ARKHAM』、『Assassin’s Creed: The Ezio Collection』など、多数の大型タイトルに携わっています。

記事によると、海外フォーラムである『NEOGIF』でDoctre81氏は、『Virtuos』がニンテンドースイッチに参入しておりAAAタイトルの移植を進めていると投稿しています。

情報源は海外のSNS『LinkedIn』からであり、開発スタッフのXiaoyu Zhang氏がプロフィールでニンテンドースイッチに関する情報を記載していたようです。

 

この動画の1分過ぎ辺りからですかね?
英語なのでよく分からないんですけど…(´・ω・)

Xiaoyu Zhang氏は昨年の3月からVirtuosに勤めており、このプロフィールに間違いがなければある程度の信憑性がありそうです。

ただ、実際にどのようなゲームを開発しているのか、いつからプロジェクトが動いているのかなどは一切分からず、今後の情報にも注目です。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    AAAもピンキリですし、メーカーもスクエニ、、UBI、ワーナーとなるとなぁ
    スクエニはFFとか他機種に出さなそうだし、UBIもなぁ

    • 管理人のみう太 より:

      まずAAAの定義がなんだって話ですからね…w
      どのメーカーのタイトルを移植するかすら分からないので、なかなか探りにくい話ではありますね(´・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。