『ゼノブレイド2』のニンテンドーダイレクトが2017年11月7日に配信決定

任天堂は2017年11月7日の23時から、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)専用ソフト『ゼノブレイド2』のニンテンドーダイレクトを配信すると発表しました。

公式サイトはこちら

モノリスソフトの大作RPG、発売まであと1ヶ月

『ゼノブレイド2』とは、任天堂の子会社『モノリスソフト』が開発するRPGで、2017年12月1日に発売が予定されています。

本作は2017年1月に行われた『ニンテンドースイッチ プレゼンテーション2017』にて初公開され、過去作のクオリティの高さも相まって期待が集まっていました。

あれから早くも10ヶ月近くが経ちましたが、発売日まであと1ヶ月を切ったタイミングで、ゼノブレイド2に焦点を絞ったニンテンドーダイレクトの配信が決定しました。

配信日は2017年11月7日の23時からです。

配信ページはこちらから

 

ゼノブレイドシリーズはこれまで2作リリースされており、Wiiの『ゼノブレイド』と、Wii Uの『ゼノブレイド クロス』があります。

本作は『ゼノブレイド2』とナンバリングが付いている事から、Wiiの『ゼノブレイド』の続編という立ち位置になりますが、今のところ直接的な物語の繋がりはなく、過去の作品を遊んでいなくても特に問題なく楽しめるようになっていそうです。

また、どちらの作品もプレイ時間が99:59にカンストするほどやり込める骨太なゲームなので、長編RPGが好きなユーザーには待望の1作になるかもしれません。

 

 

因みに今作は99:59を超えて更にプレイする事も可能になっているようです(´・ω・)

また、公式Twitterでは本作を携帯モードで映した写真が掲載されています。

まだタイトル画面しか明らかにされていませんが、100時間以上やり込めるオープンワールドなRPGを持ち運んで遊べるというのは、これまでのプラットフォームでは考えられなかったかもしれません。

テレビの前で長時間遊ぶ時間を取る事が出来なくても、携帯モードを活用すれば朝や寝る前の30分、外出先のちょっとした空き時間などにも進める事が出来るので、これまでのシリーズに取っ付きにくかった人も本作からチャレンジしてみるのも良さそうです。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ベッドでプレイして寝落ちが出来る幸せ

    • 管理人のみう太 より:

      寝る前にのんびり遊べるのはポイント高いですよね(´・∀・)!
      でも寝落ちしてベッドから落としたり、寝がえりで踏んだりしないようには注意ですw

  2. 匿名 より:

    ダイレクト実況するの?

    • 管理人のみう太 より:

      どうしましょうね、撮ろうかなぁ…(´・ω・)
      もしかしたら撮るかも、くらいに思って頂ければ!w

  3. 匿名 より:

    細かいことだが、記事内で“オープンワールドなRPGを持ち運んで”って書いてるが、一応オープンワールドではないはず
    以前誰かが仏語のインタビュー記事訳してたのを読んだときの記憶だが、「アルス内はシームレス、アルス間はロードを挟む」みたいな内容だった

    まあそのへんはすぐ分かるだろうからいいとして、今回のダイレクト、どれくらいの訴求力があるだろうな ブレワイ3rdトレイラーやマリオデ2ndトレイラーみたいな決定的なインパクトがないと、売上的に芳しくない方向に行くんじゃないかなと感じてる。 モノリスや高橋監督のことをよく分かってたり、海外での情報を読み漁ってるようなファンの期待値は十分だけど、一般の人たちは到底そんな感じではない 彼らの心に刺さるようなプロモーションを期待したいな

    • 管理人のみう太 より:

      あ、そうなの(´・ω・)?
      言われればWiiのゼノブレイドも巨神界と機神界に分かれていたので、そんな感じなのかも?
      ゼノブレイド自体は期待の大作ですけど、結構コアゲーマー向けですからねー、スプラトゥーンやオデッセイから入った子供や、ライトゲーマーにはどう映るかがまだ未知数かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。