ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのDLCはスイッチ版とWiiU版で容量に大きな違い

2017年3月3日に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、6月30日にDLC第1弾『試練の覇者』の配信を予定しており、ファイルのサイズについても情報が公開されています。

公式サイトはこちら

スイッチとWiiUで必要な容量に違い、WiiU版は注意が必要

6月30日に配信が予定されている『試練の覇者』は、ダウンロードする事でひたすら敵を倒し続ける『剣の試練』や、ムジュラの仮面などの新たな装備品、強力な敵が出現する『マスターモード』など、多数の新要素が追加されます。

 

そんな大ボリュームのDLCですが、ニンテンドースイッチ版とWii U版でダウンロードに必要な容量が違い、特にWii U版ではかなりの空き容量を必要とするようです。

  • ニンテンドースイッチ:456MB
  • Wii U:3.7GB

…全然違う(; ・`д・´)!

ニンテンドースイッチ版は500MB以下なので、特にSDカードなどを準備していなくとも問題なくダウンロード出来る方が大半だと思います。

しかし、Wii Uでは4GB近い空き容量が必要となるので、特にベーシック版を利用している方は本体容量が8GBしかなく、SDカードなどの周辺機器を用意しておかなければダウンロードが厳しいかもしれませんね。

追記:Wii UはSDカードにデータを記録出来ないと教えてもらいました。わしWiiUでSD使ってなかったから知らんかったよ…(´・ω・`)
USBハードディスクとかが要るのね…。

Wii Uのスプラトゥーンが2GB弱なんで、本当にでかい…(´・ω・)

なぜニンテンドースイッチ版とWii U版でここまでファイルのサイズに違いがあるのかは分かりません。

海外のゲーム情報メディアでは、もしかしたらニンテンドースイッチでは高度なファイル圧縮処理をする事が可能で、その為これだけの差が生まれたのではないか、と予想しています。

私個人としては、ニンテンドースイッチ版には予めDLCのデータも収録されていたのかな?とも考えたのですが、ニンテンドースイッチ版もWii U版も元は同じ13GBなのでそうでは無さそうですねぇ…(´・ω・)

また、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は冬にDLCの第2弾、『英傑たちの詩』が配信予定となっています。

こちらももしかしたらWii U版はファイルのサイズが大きくなるかもしれないので、事前に準備をしておくと良さそうです。

記事を共有するShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    WiiUのデータはSDカードに記録することは出来ませんよ
    USB接続のものではないとダメです

    • 管理人のみう太 より:

      しまった、WiiUでSDカードを使った事が無かったから知らなかったんだぜ!
      修正しました、ありがとうございますー(´・∀・)

  2. 匿名 より:

    ARMSも2.2GBしかないんだよね
    switchには謎の圧縮技術がありそう

    • 管理人のみう太 より:

      WiiU版とこんなにファイルサイズ違いますもんねぇ…(´・ω・)
      でもマリオカート8はWiiUとスイッチ比べると妥当な感じだし、どんな違いがあるんでしょ?

  3. 匿名 より:

    レゴシティアンダーカバーもスイッチ版が妙に容量が小さくて、パケ買っても追加で13GBDLしないといけないとかいうデマが流れてた

    • 管理人のみう太 より:

      そう言えばレゴシティもPS4とまた違うんですっけ(´・ω・)
      圧縮できるゲームとそうじゃないゲームがあるんですかねぇ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。