ニンテンドースイッチ『2台目』購入のメリットと躊躇ってしまう理由

どうもみう太です(ΦωΦ)

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が発売されて1年ちょっと、そろそろ家族や兄弟の使う2台目が欲しいわ…なんてユーザーの為に、ニンテンドーストアに『ニンテンドースイッチ 2台目用セット』が新しく追加されました。

ドックやジョイコングリップ、ACアダプターなどが同梱されていない代わりに、24,980円(税抜)と、通常バージョンよりおよそ5,000円安く購入する事が可能です。

公式トピックスはこちら

家族もゲームをするならもう1台…?

個人的な話なのですが、うちでは1台のニンテンドースイッチを妹と共有して使っていて、譲り合いながらゲームを遊んでいます。

それなりに歳が離れているので、基本的には私が譲っているんですけど(ΦωΦ)

特に喧嘩になったりはしないのですが、休日はだいたい妹がニコニコ動画を1日中見続けているので私はゲームが出来ず、安くなった2台目セットがあるなら購入も悪くないなと思い始めています。

しかし、それはそれでメリットとデメリットがいくつかあるようなので、悩んでいる理由を今回は書いてみようと思います。

セーブデータは引っ越し可能、ゲームデータは…

2台目のニンテンドースイッチを購入したとすれば、最初にやるべき事は『アカウントの引っ越し』になるかと思います。

例えば兄と弟で1台のニンテンドースイッチを使っていて、弟専用の2台目を購入したとすれば、1台目のニンテンドースイッチから弟のアカウントを2台目に引っ越しさせる事が出来ます。

詳しくは公式サイトの手順を見て下さいね(ΦωΦ)

この時に弟のフレンドリストなどはもちろん、ゲームのセーブデータも一緒に引き継がれるので、2台目のニンテンドースイッチでもゲームを続きから遊ぶ事が可能です。

しかし、引っ越しできるのはあくまで『セーブデータ』だけであり、『ゲームデータ』はまた少し事情が違ってきます。

例えば、1台目のニンテンドースイッチでは兄のアカウントでダウンロードソフトを購入していた場合、2台目の弟のニンテンドースイッチには兄が購入したゲームは引き継がれません。

1台目で兄の購入したゲームを弟が遊んでいた場合、セーブデータだけは引っ越しできますが、続きから遊ぶには2台目にも弟のアカウントで買い直す必要があり、ゲーム2本分の費用が必要になります。

逆に1台目のニンテンドースイッチから弟のアカウントで購入していたのなら、2台目のニンテンドースイッチでも購入履歴から弟は無料でダウンロード出来ますが、1台目のニンテンドースイッチではそのゲームを遊べなくなるので、こちらも兄は自分のアカウントで再購入しなければなりません。

1人1本ずつと考えれば当然なのですが、これまで1本のゲームを共有して2人で遊べていたのに、もう1本分買い直し…と考えると、少し躊躇してしまいそうです。

インディー系のゲームであれば価格も安いタイトルが多いので、買い直しやすいのですが、例えば『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオ オデッセイ』などをダウンロードで購入していた場合、改めて2台目を買って引っ越しさせるかはよく考える必要があるかもしれません。

もし2台目の購入を考えている方は、ダウンロード版ではなくパッケージ版であれば1本のゲームカードを共有できるので、出来るだけパッケージ版での購入を心掛けると出費を抑えられそうです。

(貰えるゴールドポイントは少なくなっちゃうけど)

うちはまさに『スプラトゥーン2』をダウンロードで購入してしまったので、2台目を買うなら妹の分のスプラトゥーン2も必要になるよなぁ…と、そこで結構渋っています(ΦωΦ)

1つの家庭で通信プレイが可能に

ニンテンドースイッチを2台購入するメリットと言えば、当然ですが1人1台ずつ使える事です。

例えば兄と弟で遊びたいゲームが違った場合、各々が遊びたいゲームをプレイできますし、テレビが無くても遊べるので取り合いになる事もありません。

また、『マインクラフト』などのゲームを2人で遊ぶ時に、1台のニンテンドースイッチでは画面を分割して遊ぶ事になりますが、1人1台ニンテンドースイッチがあればローカル通信により広い画面で協力プレイが可能です。

この時に前述した『1人に1本ずつソフトが必要』も響いてくる訳ですが…(ΦωΦ)

しかし、他にも『スプラトゥーン2』であれば家族と一緒に『サーモンラン』や『リーグマッチ』をプレイしたり、『マリオカート8 デラックス』を画面分割せず一画面で真剣勝負したり…、得られるメリットも十分に大きいのではないかと思います。

また、今回の『2台目セット』の発表によって噂されているのが、ニンテンドースイッチ版『ポケモン』の発売が近いのではないか、という事です。

確かにポケモンは伝統的に2つのバージョンが発売されますし、1人1台ずつプレイしていれば、兄弟で対戦する事も交換する事も可能になります。

もし兄弟や家族がゲームをしないとしても、自分で交換できる環境が作れれば2つのソフトのアイテムをシェアし合ったり、特定のポケモンを進化させるためにも役立ちます。

公式以外で購入するメリットと罠

2台目が欲しいけどもう少し安くならないかしら…、という場合は、中古で探すという選択肢もあります。

(こういうブログで中古を勧めるってのもどうかと思うけど)

私の身近では、長野市で有名なリサイクルショップ『万代書店』にて、ニンテンドースイッチとジョイコンだけのセットが販売されていました。

ジョイコングリップやACアダプターはおろか、ストラップや箱すらない本当にそのままのニンテンドースイッチですが、2台目の選択肢としては十分考えられるかもしれません。

その時見つけた価格は22,000円で、これは税込だったので任天堂公式よりも更に5,000円ほど安く購入できます。

しかし、公式の2台目セットよりお買い得なのは間違いありませんが、まず中古なので保証書が付かず、もし故障や不具合があった場合は買ったばかりであっても有料で修理に出す必要があります。

また、中古に出回っている本体は初期型のものが多く、ジョイコンの色は『グレー』か『ネオンレッド / ネオンブルー』の2択になる事がほとんどです。

それに対して、公式の2台目セットは『マイニンテンドーストア』で販売されているので、自分で左右のジョイコンやストラップの色を選択可能で、1,000通り以上の組み合わせから自分好みにカスタマイズ出来ます。

他にも、ニンテンドースイッチは長時間使い続ける事で『曲がる』などの不具合も報告されており、動作に問題はないとしても、中古品は価格とリスクを天秤にかけて検討する必要がありそうです。

(私のニンテンドースイッチはかなり使っていますけど、全然曲がったり不具合は見られないので、そこまで注意するほどの事なのかはよく分からないです(ΦωΦ))

とにかく安く数を揃えるには中古も考えられますが、それより多少高いとしても『安全を買う』気持ちで公式のストアの方がメリットは大きいかもしれません。

いずれは1人1台ずつになるのかも…?

2台目を購入すれば楽しみも広がりますが、それにはゲームの引っ越しだったり買い直しだったり、今すぐ踏み出すには少し躊躇ってしまう感じの話でした。

しかし、据置ゲームでありながら携帯ゲームの一面も持つニンテンドースイッチは、家族で使うとすると、今後はやっぱり1人1台ずつ欲しくなってきそうです。

2018年秋から開始が予定されているオンラインサービスは、本体が違ってもアカウントをファミリーに設定すればお得なファミリープランに入れる(ハズ)なので、もし可能であれば早いうちに1人1台の環境を整えた方が良い…気もしますが、後々また違ったバージョンの本体が発表される可能性もありますし…、タイミングの見極めはなかなか難しいかもしれませんね(ΦωΦ)

◇良かったらシェアしてね!

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ニコニコ動画みるだけならスイッチ独占しなくても・・・

    • 管理人のみう太 より:

      そりゃあそうだ!なんですが、ずーっとスイッチ使ってるんですよね、ニコニコだけプレイ時間が1000超えてるし…(ΦωΦ)
      まぁ私は構わないんですけど、単純にゲームするだけでも1人1台あった方が便利かなぁ…と悩みどころです。

  2. 匿名 より:

    2台目はNew Switchみたいなのが出てからでいいかな

    • 管理人のみう太 より:

      大々的に『New』とまで行かなくても、例えばちょっと保存容量が大きめだったり、何かバージョンアップを待ってしまうのもありますよね…(ΦωΦ)
      ただそれが本当に出るのか、いつ出るのか…、待つか買うか悩む…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。