スマブラへ開発者が『コラボ希望』と送っている他社キャラクター6人

どうもみう太です(ΦωΦ)

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が発売され早くも半年以上が経過しましたが、『ジョーカー』を皮切りに『勇者』や『バンジョー&カズーイ』もDLCで配信され、今もなお新鮮な気持ちで楽しんでいます。

ファイターパスは『テリー』を含めてあと2人予定されていますが、まさかの6人目以降のファイター制作まで発表され…、今後どのようにスマブラSPが進化していくのかもとても楽しみです!

※この記事は2018年3月11日に公開した記事を再構築したものです。

『うちのキャラクターを出してくれ!』

スマブラと言えば『ニンテンドー オールスター』なゲームですが、近年では他社とのコラボレーションもかなりの広がりを見せており、ソニックやロックマン、パックマン、リュウ、更には『メタルギア』のスネークや『ファイナルファンタジー』のクラウドなどなど…、予想外なビッグタイトルからもキャラクターが参戦しています。

『任天堂のキャラクターをもっと増やして欲しい』という意見も少なからずありますが、他社からのゲストキャラクターは誰しもが気になるところで、次はどことコラボするのかにも注目が集まっています。

これまでゲストで参戦したキャラクターはいずれも知名度が非常に高く、コラボをするにはかなり高いハードルがありますが…、それでも『我が社のキャラクターを出して欲しい』と公言する開発者も少なくありません。

今回はそんな『スマブラへのラブコール』が出されているキャラクターを紹介しようと思います(ΦωΦ)

海外では参戦しないのが不思議なレイトン教授

1998年に設立された『レベルファイブ』は、『妖怪ウォッチ』や『イナズマイレブン』といったタイトルが日本で一大ブームを引き起こしましたが、中でも『レイトン教授』のスマブラ参戦が予想する人は少なくありません。

Wiiの『大乱闘スマッシュブラザーズX』発売後、2008年3月に九州ゲームフォーラムというイベントが催され、スマブラのディレクターである桜井政博さんの他、レベルファイブの日野社長や、サイバーコネクトツーの松山社長など、第一線で活躍するクリエイターが集まりました。

当時の記事はこちら

そんな中、話題はスマブラXの続編についてに切り替わり、当時は『4作目を作るかも分からない』と桜井さんは答えていましたが、日野社長は『続編にはレイトンを入れて欲しい。桜井さんに全部お任せしますよ。』と、参戦の要望を出していました。

レイトン教授は『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』に参戦する噂が発売前に出ていたものの、最終的に参戦は叶わず、今でもレベルファイブとのコラボレーションは実現していません。

特に海外では任天堂が『レイトン教授』シリーズの販売を担当しているので、レイトンを任天堂のキャラクターだと思っているユーザーも多く、逆に何故スマブラにレイトン教授の要素がないのか?という意見も出ています。

キャラクターとしての知名度は十分高いと思いますが、日本では『妖怪ウォッチ』の人気がそれ以上に爆発した事や、大泉洋さんが声優を務めた事がネックになりそうです。

しかし、『レベルファイブ』の名前を広めたゲームの代表作は『レイトン教授』であり、スマブラへの参戦を考えるなら、まずこのタイトルからなのかもしれません。

世界で最も売れたテイルズのロイド

前作『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』は開発にバンダイナムコが関わる事が当時話題になりましたが、その繋がりからゲストキャラクターが参戦するのではないか?と予想されていました。

最終的には『パックマン』が参戦する事になりましたが、発売前のインタビューにて、テイルズのプロデューサーである吉積信さんは『桜井さんに頼めばテイルズのキャラクターは出るかもしれないし、ディレクターの樋口もそれを見たいと思う。』と答えていました。

当時の記事はこちら

しかし、例えそれを望んだとしても、参戦するキャラクターについては桜井さんに任せているので、無理にプッシュしてまで出して欲しいとは考えていない、ともコメントされています。

また、参戦するなら任天堂のハードでリリースされたテイルズの必要があると吉積プロデューサーは認識しており、それは『テイルズ オブ シンフォニア』や『テイルズ オブ ジ アビス』、『テイルズ オブ ハーツ』になるだろうとコメントしています。

ただし、これは2012年当時のインタビューであり、今では主だったタイトルがPSで発売された『クラウド』や『スネーク』、『ジョーカー』、Xboxでリリースされている『バンジョー&カズーイ』、ネオジオ作品の代表的なキャラクターである『テリー』など…、昔と比べてそこまで厳しい縛りはないかもしれません。

具体的なキャラクターの名前は挙がりませんでしたが、テイルズシリーズはゲームキューブとPS2で発売された『テイルズ オブ シンフォニア』が世界で160万本を販売しており、その主人公である『ロイド』の参戦が最も可能性として高そうです。

実際、直接的な参戦はしませんでしたが、『for 3DS / Wii U』の時はMii用のコスチュームが用意され、そういった意味では他の候補キャラクターより一歩リードしている…のかもしれません。

アシストフィギュアとして参戦を果たしたショベルナイト

『Yacht Club Games』の開発した『ショベルナイト』は、今やインディーゲームの代表格とも言える作品であり、日本ではパブリッシャーとなった任天堂から発売されています。

8bitで描かれた横スクロールのアクションは、さながらファミコン時代のレトロゲームを彷彿とさせるデザインですが、シンプルかつ奥深いアクション性は非常に評価が高く、2014年の発売から5年経った今でもなお根強いファンがいます。

現在もDLCの開発が続いているショベルナイトですが、『Yacht Club Games』は次に『スーパーマリオ64』のような3Dのショベルナイトが作りたいとコメントしており、新しいジャンルへの挑戦を前向きに考えているようです。

ショベルナイトは『ユーカレイリー』という3Dアクションゲームにもゲストで登場しており、それに伴って初めて3Dモデルになったショベルナイトが登場しました。

この3Dのモデルを見てショベルナイトの開発者はとても喜んでおり、『次はスマブラでショベルナイトを見れたら最高だ』とコメントを残しています。

そして、スマブラSPではプレイアブルキャラクターとして参戦はしなかったものの、アシストフィギュアとしてショベルナイトが参戦を果たしました。

『サイボーグ忍者』や『ボンバーマン』など他社から選出されたアシストフィギュアは他にもいますが、インディーゲームのキャラクターがスマブラの舞台に立ったのはショベルナイトが初であり、ある種の快挙とも言えそうです。

ショベルナイトはもともと2Dのアクションゲームであり、スマブラの世界に落とし込んでも違和感があまりなかったので、次回作ではステージや音楽も含めてファイターとして参戦して欲しいところです。

地味ながらスピリットに登場するシャンティ

『シャンティ』もアメリカの『WayForward Technologies』が開発するインディーゲームで、ショベルナイトと並ぶ代表的なアクションゲームとして知られています。

こちらも2Dのアクションゲームですが、ショベルナイト以上にアニメーションやビジュアルに力が入っており、日本に影響を受けたキャラクターデザインは近年国内でも注目を集めています。

1作目は2002年発売、今年で18年目という意外な長寿タイトルであり、海外では度々スマブラへの参戦希望キャラクターとして名前が挙がっています。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』では、参戦して欲しいキャラクターを調査する『スマブラ投稿拳』という企画がありましたが、開発の『WayForward Technologies』はシャンティへの投票を呼び掛けており、また、日本でパブリッシャーを務める『インターグロー(現・オーイズミ)』も、シャンティの参戦を後押しするキャンペーンを行っていました。

 

 

残念ながらファイターとしての参戦は叶いませんでしたが、スマブラSPでは密かにスピリットで登場しており、こちらもインディーゲームとしては大躍進と言えそうです。

日本での知名度はまだ少し低い印象もありますが、開発者であるマット・ボゾンさんは日本のアニメをとても好んでいて、日本的な要素を強めるために日本人のイラストレーターを起用したり、最新作『Shantae and the Seven Sirens』では、『キルラキル』や『プロメア』で知られる『トリガー』にアニメーションを依頼したりなど…、これから日本で爆発的に人気が出るポテンシャルも秘めていそうです。

何よりシャンティはとても華やかでセクシーな女性キャラクターなので、そういった意味でもスマブラへの参戦を希望するファンは多いかもしれません。

ビームカタナとプロレスとトラヴィス・タッチダウン

『グラスホッパー・マニファクチュア』の代表を務める須田剛一さんは、自身の代表作である『ノーモア★ヒーローズ』の主人公、『トラヴィス・タッチダウン』をスマブラに参戦させて欲しいと要望を出しています。

『ノーモア★ヒーローズ』は2007年にマーベラスから発売されたWii専用ゲームで、シンプルかつ爽快感のあるアクション性と、Wiiリモコンを活用したダイナミックな操作方法が話題になり、2010年には続編となる『ノーモア★ヒーローズ2』や、より高解像度でビジュアルが強化された『ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園』が発売されました。

調べたら海外では『UBI SOFT』から発売されていたのも話題だったみたいです。

ディレクターの須田剛一さんはカルフォルニアで行われたプレスイベントにて、実はこれまでも何回か桜井さんにスマブラへの参戦をお願いしており、いつも笑ってごまかされる事を明かしました。

しかしその希望は今でも残っているらしく、『次は逃がさないですよ。』と、より一層スマブラへの参戦を熱望しているようです。

関連記事はこちら

『ノーモア★ヒーローズ2』が発売されてからしばらく新作の発表はありませんでしたが、2017年1月の『ニンテンドースイッチ プレゼンテーション2017』では須田さんがステージに登壇し、2019年1月には久しぶりの完全新作となる『トラヴィス ストライカーズ アゲイン』がリリースされました。

そして2019年のE3では『ノーモア★ヒーローズ3』が2020年に発売予定であると発表され、停滞していたシリーズが加速的に展開しています。

こちらもまだキャラクターとしての知名度は少し低いと思いますが、例えシリーズ作品が少なくとも『ベヨネッタ』や『ジョーカー』のような鮮烈な印象をユーザーに与えられれば、ゆくゆくは参戦の可能性もあるかもしれません。

Xboxのボスも認めたバンジョー&カズーイ

2019年9月5日にDLCで配信された『バンジョー&カズーイ』ですが、こちらもかねてからスマブラに参戦するのではないか?と予想されていたキャラクターの1人です。

『バンジョーとカズーイの大冒険』は1998年にニンテンドー64で発売されたタイトルで、かつて任天堂の子会社であった『レア社』が開発を担当しており、非常に作り込まれたグラフィックと自由度の高いフィールドが大きな人気を集めました。

その後『バンジョーとカズーイの大冒険2』も発売されましたが、しかし2002年に任天堂はレア社のグループをマイクロソフトに売却し、残念ながら任天堂から新作が発売される事は無くなってしまいました。

レア社がニンテンドー64で最後に開発した『Conker’s Bad Fur Day』のオープニングでは、主人公のコンカーがチェーンソーでニンテンドー64のロゴを切り捨て、懐から取り出したレア社のロゴを見て頷くといった挑発的な内容から、当時から任天堂との不仲説が有名でした。

(レア社の開発が遅い事が原因と言われていましたが、その不仲説は否定されたそうです。)

また、マイクロソフトは『Xbox』を開発している会社であり、いわば任天堂とは直接的なライバル関係にもあるので、レア社がバンジョーとカズーイの版権を持っている限り、スマブラへの参戦も難しいだろうという意見も多く出ていました。

 

 

しかし、こちらも『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』の『スマブラ投稿拳』の際に、Xboxチームのボスと呼ばれるフィル・スペンサー氏が、『任天堂の頃のレア社のIPだし、スマブラに出れば最高にクールだと思う。』と、参戦に前向きなツイートを残しています。

また、レア社の社員も投稿拳に『バンジョー』や『コンカー』など思い思い投票しており、スマブラへの参戦に関する反発は特になかったようです。

本来、ライバル関係の会社からキャラクターがゲスト参戦する事は通常あり得ないのですが、近年の任天堂とマイクロソフトは結びつきを強化しており、マイクロソフトの『マインクラフト』に『スーパーマリオ』のスキンを登場させたり、クロスプラットフォームによるネットワーク通信を実現したりと、少しずつですが協力関係を築いています。

スマブラSPの5人のDLCは任天堂が候補のキャラクターをリストアップし、桜井さんが実現できるか判断を下したと言われていますが、もしそうであれば任天堂が『バンジョー&カズーイ』を指定したという事であり、だからこそついに参戦を果たしたのかもしれません。

どのくらいまでゲストが参戦して欲しい?

と、このように他社から要望の出ているキャラクターは数多くいるのですが…、桜井さんは任天堂のキャラクターよりデリケートな扱いになるので、なかなか簡単にゲストキャラは増やせない事を明かしています。

実際に、任天堂のキャラクターはスマブラの参戦に合わせて色々と脚色されていますが、他社のキャラクターは勝手に脚色する事が難しく、できる限り原作の動きをスマブラに落とし込むよう作られています。

しかし、これだけ有名なゲームのキャラクターが集まるとなると、その舞台に参戦する事はキャラクターにとって一つのステータスであり、開発者にとっても目標になっているのかもしれません。

また、ゲストキャラクターの数はどうしても限られてしまいますが、代わりにコラボレーションしたMiiのコスチュームは多数用意されており、それだけコラボを望まれているキャラクターが多いのも事実だと思います。

ファイターパスは4人目の『テリー』までが発表されましたが、5人に留まらず6人目以降のファイター制作も決定し、今後の発表にも注目です。

◇良かったらシェアしてね!

あわせて読みたい

24件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ノーモアの主人公は須田さんがよくあちこちの媒体で言ってますねぇ
    新作の報告も兼ねて月一のファミ通waveのコーナーでも発言してましたね
    ただ、トラヴィスのあというキャラクターと作風に割と問題を抱えてることと
    須田さんが関わらない形で販売元のマーベラスが他機種にひどい形で移植+
    ノーモア2の予算大幅カットなどでブランドイメージも傷ついてしまったんですよねぇ
    (リモコンありきのゲーム性でもあったのだが)
    基本的に全年齢を目指すタイトルにトラヴィスを出すのは、
    知名度も含めて、なかなかハードルは高そう。あくまでもディベロッパの作品ですからねぇ
    まだ任天堂が販売していたタイトルであれば、違ったかもしれませんが。(いや難しいか

    • 管理人のみう太 より:

      ノーモアはハチャメチャなアクションが映えそうな一方で、原作では血がぶしゃぶしゃ出ますしね…(ΦωΦ)
      知名度が低くはないですけど、大手ともインディーズとも言えない感じが立場的に厳しいかも…?
      任天堂が関わっていればあれば、シュルクやベヨネッタのような可能性はまだあったかもですね。

  2. 匿名 より:

    クラウドはキングダムハーツで任天堂ハードに出てます
    メタルギアはファミコンでも出てましたしGCでもツインスネークが発売されてましたよ
    なので吉積さんの発言は間違ってないと思います

    • 管理人のみう太 より:

      クラウドがKHやシアトリズム、スネークはツインスネークが確かに出ているんですけど、どっちも外伝っぽいので微妙かなぁ…と思ったんですよね。
      なんかこう、ナンバリングとかじゃないとカウントされてない気がして…w
      でもそもそもスイッチってテイルズの開発が前々から明かされているので、その新キャラとかの方があり得そうなのかも?

  3. 匿名 より:

    他社キャラクター一つ扱うのだけで相当苦労あるだろうからね
    記事の趣旨からは逸れるけど、桜井にはもっと色んなゲームを作ってほしいと思う
    パルテナとかもやっぱり面白かったしスマブラ作るだけで相当な年数かかってしまうだろうし
    願わくばSwitch向けに新作を作ってみてほしいところ

    • 管理人のみう太 より:

      他社のキャラクターでイメージと違う事をしてしまうと、その本編にも迷惑をかけかねないですからね…。
      そう考えると確かに『好きに使ってくれ!』って挙手された方が、楽と言えば楽なのかも?
      もちろんそれが決め手で選ばれる事はないんでしょうけども(ΦωΦ)
      桜井さんはスマブラに追われていて他の作品に乗り出せない感じもありますよね、パルテナみたいにレトロなタイトルを現代に蘇らせたゲームも面白そう。

  4. 匿名 より:

    Conker’s bad furdayは2001年にN64専用ソフトとして発売されたゲームですからマイクロソフトに移ってからの開発ではないと思いますよ

    • 管理人のみう太 より:

      ウォー本当だ!ソースにしていた記事も間違っていたっぽい!修正したぞーありがとう(ΦωΦ)
      任天堂からしたら『レア社って時間ばっか使って全然開発しなくね…?』と思っていて、それで不仲になった説みたいなのはあったみたい。

  5. クサフィー より:

    レベルファイブから、イナズマイレブンの「円堂守」がゲスト参戦することもあり得るかもしれない。

    • 管理人のみう太 より:

      イナズマイレブンも復活の兆しを見せていますから、そっちの可能性もあるのかも…?
      しかしレイトンにしてもイナイレにしても純粋なバトルって感じじゃないし…、世代的にはやっぱり妖怪ウォッチなのか…?
      でもあれも最近ガッツリ妖怪みたいになってるし…(ΦωΦ)?

  6. ジェット より:

    いい加減ソニックシリーズからもう1人参戦させるべきだと思う。

    テイルス:多彩な発明品を武器に戦う
    ナックルズ:格闘技で戦う
    エミー:ハンマーを武器に戦う
    シャドウ:ソニックのコンパチで。カオスコントロールとかで差別化可能
    シルバー:超能力で戦う
    ルージュ:スクリューキックとかで戦う
    ブレイズ:炎を武器に戦う
    クリーム:チーズとタッグで戦う 、など。

    • 管理人のみう太 より:

      確かにソニックは日本でも海外でも人気が高いので、もう1人くらいは参戦しても良いですよね(ΦωΦ)
      ただ、カプコンもロックマンとリュウになったように、コラボ枠で同じ作品から出すのか、別作品から出すのかは意見が分かれそうかも…?
      もしかしたらバーチャファイターやぷよぷよ、ナイツとかから選ばれる可能性もありそうですね。

  7. スカポン より:

    まさかの漫画枠から悟空が参戦したりしてwww

    • 管理人のみう太 より:

      版権的な問題がある…けど、例えば『CAPCOM vs タツノコ』みたいなプロジェクトであれば不可能でもない…?
      任天堂って昔DSでジャンプのオールスターゲーム作ってるんですよね、最近はバンナムがアニメを準拠に作っていますけど、任天堂製はまた出ないかなー(ΦωΦ)

  8. 匿名 より:

    バンナムには胸を張って自社のキャラをもう一人出してほしい。(GODEATERなどの世界的に人気な作品もあるんだし)そもそも悟空がスマブラにいたらかなり不快。ゲームキャラの縛りをしっかり守って桜井さんには今後とも期待します。

    • 管理人のみう太 より:

      大会にもなっていて、ストリートファイターとの関係も持っている『鉄拳』辺りもありそうですよねー。
      あとはゼノブレイドと繋がった『ゼノサーガ』のKOS-MOSとか…?
      悟空とかは好きなキャラではありますけど、もし桜井さんが悟空を使いたいと思ったのなら多分スマブラに継ぎ足すんじゃなくて、『ジャンプ版スマブラ』みたいな別の企画にするんじゃないかなと思います。
      ジャンプフォースなんて新作もバンナムは作っていますが、あれはどうなんでしょ(ΦωΦ)?

  9. 匿名 より:

    SNKのキャラとかも出して良いと思います。

    可能性があるのは…マルコさん(メタスラ)、テリー(餓狼)、ナコルル(サムスピ)辺りかな?

    • 管理人のみう太 より:

      SNKも長いメーカーですからね、メタルスラッグとかVCやアケアカで買いましたよ!
      でもメタスラは一撃で死んでしまうので、やっぱり格ゲーからの方がスマブラには合いそうな気もしますね。

  10. キノピコのおさげ より:

    DLCでドラえもん参戦ほんとあり得そう!

    • 管理人のみう太 より:

      ドラえもんは大人気ですけど、ゲームのキャラじゃないのでハードルはかなり高そうかも…。
      しかしおよそ20年前、初代スマブラ発売後のアンケートでは『ドラえもん』って要望は実はそれなりにあったんですよね。
      何気にロックマンやパックマンより票数が多かったとか…。

  11. 匿名 より:

    大運動会がファミコン世代にとってのスマブラ的ソフト(放課後に集まりワイワイ対戦)として子供達に親しまれたので、くにおくんが参戦しても良いかなって思ってます。
    シリーズも多く出てるので技も豊富ですし。

    • 管理人のみう太 より:

      マッハパンチやマッハキックでシバキあう、あれですね!
      確かに技はめちゃめちゃ豊富だし、乱闘のイメージともピッタリかもしれません。
      そして『にんげんぎょらい』で場外になるまでがテンプレです。

  12. 匿名 より:

    テリーボガードとかきたんだし、クラッシュバンディクーが来てほしい
    パスの1弾目を〆るならリメイクもでたマリオのライバルにきてほしい

    • 管理人のみう太 より:

      奇遇、なんと私もジョーカー配信後に『残りのDLC4人を予想してみる』的な記事を書いたのですが、クラッシュを入れています!
      ペルソナ5がPS4、ドラクエ11Sがスイッチ、バンカズがXbox、餓狼伝説がネオジオと来ると…、初代PSの代表としてピッタリな感じですよね。
      権利的には今はアクティビジョンが持っているので、100%不可能ではないハズだけど…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) コメントは承認制で、1度管理人から承認されると以降は承認なしでコメントが反映されます。